長期投資の難しい点 売りどき

バリュー投資は市場の歪みが解消されるのを待つ必要があるため、長期投資( 少なくとも 3-5年はかかると思ってよいかと)が基本となるかと思います。
実際に長期投資目的でも、どのタイミングで売るべきなのかという大きな課題はあります。自分が割安だと思って取得した企業がしっかりとその後に株価が上がった場合、いつ売ればいいのかという問題に直面します。

個人的には企業価値アプローチ(DCF法)ネットネット比率などその他複数の指標などをベースに目標株価というものを設定はするわけですが、その目標株価は一般的に見ればまだまだ割安水準(少なくとも割高ではない)であることが多いのでまだ保有すべきかなどと非常に迷うケースはあります。

この判断に関しては銘柄によるとしか言えませんが、ビジネスが非常に強く今後もキャッシュフローを継続的に生み出していくことが強く見込まれる銘柄に関しては全ては売らずに保有するようにしております。一方であまり市場、業界的、競争環境的にはあまり強くなく、今後そこまで継続的なキャッシュフローが見込まれない場合には素直に株価が十分に上昇したら売却する方針です。

割安度合いがある程度解消されてもまだ上昇余地があると思われる銘柄に関しては以下のような手法を取ることも可能です。著名なバリュー投資家のPeter Cundilが取っていたとされている手法です。

まず、株価が投資後に2倍になった場合持ち分の半分を売却し、これで取得にかかった費用は完全に回収され、半分を長期保有することで更なるアップサイドを資金を失うリスクなし(元本割れリスクなし)で享受することができるというものです。
株価が1.5倍の場合でしたら、2/3を売って1/3を長期保有するということで、同じような仕組みを得ることはできます。

コメントを残す