バリュー投資がベストだと思うように至るまで

色々とバリュー投資についての話はしてきておりますが、投資家の皆さんはそれぞれの個人的体験、経験が今の投資スタイルの礎になっているかと思います。
私の場合は証券会社の投資銀行部門で働いている中で企業価値評価が興味深いと感じまして、様々な企業の財務分析を職務以外でも行っておりました。その中で色々な業種・会社の企業価値を比較したりするのですが、明らかに割高になっているものや割安になっているものがあるのでその理由でしたり、その後のパフォーマンス(株価と財務状況)を個人の興味として分析したりしておりました。
徐々に自分の中で分かってきたものとして、株式投資はその瞬間のニュースなどによる感情的なものや、企業のイメージ、業界のイメージなどのそこまでしっかりとした根拠のない状態で投資判断がされていることが多いということでした。また証券会社のアナリストレポート等を読んでも、業界の行方や四半期利益の状態に関しては細かく分析がされている一方で、企業価値評価(バリュエーション)に関しては大分曖昧なことしか書かれていないことが多く、中々驚きました。以前書いた内容ですが、まさにPLでしか評価がされていなかったりする企業が余りにも多かったためです。
一方で、M&Aに関しては基本的には売り手にも買い手にもアドバイザーが付き、キャッシュフロー分析を始めとした財務分析が詳細にされますので適正と思われる評価に落ち着くということが多いです。
かつ、M&Aのプロセスとして限定的なオークション方式をとることが当然多く、また買い手としては資金を使いたい事業会社やファンドが多いので、どうしても譲渡価格は安値というよりは高値になることが多いかと思います。
M&Aの基本として、シナジーの実現や事業・カルチャーのフィットなども重要であるが、一番重要なのは買収価格であるとよく言われます。どんなに良い事業でもそりゃ余りにも高い水準で取得するとリターンを得ることは難しいということです。
前述したとおり、M&Aの特性上どうしても取得できるのはほぼ一社に限られますので、オークション等を通じて価格は必然的に高値になります。そういうことを見たり、考えているうちに割安な企業への投資への興味が大きくなっていきました。
プライベート・エクイティファンドに転職後はバイアウト投資に何件か関わりましたが、前述した通り、どうしても割安な価格で案件を行うということは無理でした。(特に大きな買収案件なほど無理度が上がります)
当然、プライベート・エクイティ・ファンドによるバイアウト投資はLBOという形式をとりますし、いわゆるバリューアップ活動も積極的に実施するのでちゃんとリターンは上がるわけですが、割安企業への投資という興味は日に日に増していきました。安定したキャッシュフローを生む、もしくは既に純流動資産を豊富に保有する企業が普通ではあり得ない価格で放置されているのがどうしても気になって仕方がない状態でした。
そういった中で、バリュー投資についての著作などを多く読んだり、実際に銘柄選定等をするなど勉強を進めていき、バリュー投資こそが最も自分にはあっているし、多くの人に理解されるべきものだと思うように至ったというわけです。正直に言って、バリュー投資は派手でもなく、みんなが知っているような企業に投資するわけでもなく、すぐに高騰することも余り期待できませんので、非常に地味な存在であることは分かります。
しかし、各銘柄において素晴らしい将来の予想を行ったり、市場の誰も気づいていない事実を正確に理解することも必要なく、日々のニュースや株価を細かくチェックすることもなく、企業が公表している財務諸表を分析することのみで判断をすることができるという点が素晴らしいと思っております。
余りに地味であること、一定の財務分析能力が必要になるということが一般的に投資手法として受け入れられることのハードルになっているかと思いますので、本サイトを通じて、少しでもバリュー投資というものを認識してもらえるようになればいいなと考えております。

コメントを残す