バリュートラップがあるからこそ、バリュー投資ができる

バリュー投資家にとって一番のリスクとして挙げられるのはバリュートラップと言われるものです。
バリュートラップとは割安な企業が、そのままずっと割安に放置され続けてしまうということです。バリュー投資の対象となる企業は基本的に知名度が低いケースが殆どですのでこのようなことは正直に言って起こりやすいと思います。長期保有が基本となるのはそのためです。

アクティビスト(物言う株主)が大量保有報告書を提出したり、株主提案を通じて株主還元政策を企業側に促すなどのイベントが発生すると一気に割安度が解消されたりもします。とはいえ、すぐにガンガン株価上昇といったことは余り見込めないので、気長に持ち分を保有しておけばよいというのが基本です。特段利益成長を期待しているものでもないのが大半ですので、基本的には確実にキャッシュ・フローを生んでもらい、現金が積み上げがっていくのを見ていればよいかと思います。

以前スクリーニングの仕方で割安度に加えて資金効率とキャッシュフロー創出能力の指標を入れていたのはこれが大きな理由です。割安かつキャッシュフローを安定的に創出する企業でしたら、仮に株価が上がらなくてもその企業に現金は溜まり続けるので、割安度がますます上がっていくわけです。後は企業が株主還元(配当や自社株買い)をするのをのんびりと待つのみです。
割安な企業の中には毎年毎年現金を失っているところも多いので、ここは注意する必要があります。現在キャシュフローが出ていても、業界や競合環境の変化で一気に業績が悪化(現金を失っていく)こともありますので、できるだけ余裕のある企業(キャッシュフロー創出能力が高い)が望ましいというわけです。

以上の通り、バリュートラップはバリュー投資の本質を理解していれば些細な問題でしかないということが分かります。
更に言えば、我々がバリュー投資をできるのは割安に放置されている企業があるからです。割安な企業の株価がすぐに上昇し、価格の歪みが解消されてしまっては、我々が割安な企業を見つけるのが難しくなってしまうことは明白です。多かれ少なかれ、バリュー投資家はバリュートラップのおかげで投資ができていると考えるべきかと思います。保有した途端に歪みが解消されると考えるのは些か自分勝手であると言えることが分かるかと思います。

コメントを残す