アグロカネショウ 売却

個人投資家を中心に自分のポートフォリオを公開していらっしゃる方はそこそこ多いと思います。著名投資家の方々はブログで全てのポートフォリオを公開し、毎日もしくは毎週株価をアップデートしている人も見受けられます。
ポジションを公開すること自体は個人的にはしようとは思えないです。その理由として変に自分のポジションにバイアスがかかってしまう気がするからです。公開することで、余りにもその銘柄に思いれが強くなってしまう気がし、見方を変える時や売りどきが難しくなってしまうと今のところ認識しているからです。

と、いうわけで今回は全売却した銘柄について振り返りの意味も込めてコメントしてみたいと思います。

アグロカネショウ(4955):果樹、野菜向け農薬専業

投資実行: 2017/4 (1,385円)
売却実行: 2017/8 (1,800円)
リターン: 1.3x

投資実行時のテーマ:
+比較的割安: EV/EBITDAで4.2x。設備投資額もかなり限定的。*ネットネット比率は100%程度でdeep valueとは言えないレベル
+成長性: アクティビスト的投資家のCornwall Capitalが2014年に投資実行。ユナイテッドマネーも投資しており、特にCornwall Capitalの教育的なものを感じる(中期経営計画を重視。また、中長期的な戦略を明示していた)また、国内における野菜の生産量は増加しているという背景あり。新薬も19年20年販売開始
+賠償金: 福島工場にかかる賠償金を東電に求めており、恐らくここで10億円規模の回収がされる
+収益性の高さ: EBITDAマージンで15%以上、ROICも高く、安定的に多くのフリーキャッシュフローを稼ぐ見込みが相当見込めた

基本的には成長性があり、高FCFが見込める割には大分割安な企業であるということが投資テーマでした。
ターゲット株価の評価には毎期大体15億円程度のUnlevered FCF、永久成長率は1.0%、割引率を10%、その他ディスカウントを20%程度を使用しており、ターゲットは1600円としておりました。ただ、取得後にすぐにターゲット株価に近づいたため、長期投資有価証券や長期預け金も評価に含め、1800円にターゲットを修正しました。

これは当然ながら投資時には想定しておりませんでしたが、ヒアリ対策、マダニ感染対策というような理由で株価は高騰し、ターゲットである1800円に8月末に達したため全て売却しました。

そもそも圧倒的に割安というようなものでもなく、またターゲットに達するにはある程度時間がかかると思っていたのですが、偶然アグロカネショウに関してポジティブとされるニュースが出たので、想定よりも大分早期に売却をすることになりました。

売却時のEV/EBITDAは6.0x程度であり、まだ割安な感もありますが、その他に新規に投資したい、ポジションを増やしたいと思っている銘柄もありますので、全売却の決断をしました。

コメントを残す