ムサシ(7521)売却

ヤガミを昨年11月に売却して以来の全株売却を実行しました。ムサシ(7521)です。ポジションはそこまで大きくもなかったので、モニターもそこまで注意深くはしてませんでしたが。。
ムサシ(7521):情報・印刷機材(文書の電子化等)、選挙機器製造等

投資実行: 2017/6 (1,687円)
売却実行: 2018/4 (2,220円)
リターン: 1.32x

投資実行時のテーマ:
+超割安: EVが-35億円。時価総額/(流動性資産-総負債)が65%程度と超割安。
+そこそこのキャッシュフロー創出力: 選挙時期によってブレがあったりとキャッシュフローの増減はあるものの、設備投資も限定的であり、選挙システムでは独占的なポジションを構築
選挙システム、文書の電子化機器に強みがあるものの、ヤガミ同様ビジネスに関してはそこまで魅力を感じることはなかった一方で、ムサシについても明らかにバランスシート項目が考慮されていないような、クレイジーなバリュエーションがついていました。
DCF上で永久的にFCFがマイナス成長していく想定だとしても十分に割安であり、また、アクティビストのRMB Capitalが大量保有を出したこともあり、買わない理由を探す方が難しかったという状況でした。
さらに、DCFで試算される株式価値に対して20%程度のディスカウントをしたものをターゲット価格としました(2,200円)。
ビジネスに対して結構ネガティブ(選挙のネット化などの可能性)でありましたし、完全にバランスシートとmarket capの歪みに投資したプレイでした。
売却時のEV/EBITDAは1.8x程度であり、まだまだかなり割安ですが、EV20億となりましたし、上記の通り投資実行のテーマが超割安であるということでしたので、まあこの辺でいいかといった感じです。
アクティビストが入っていた以外はほぼヤガミと同じテーマでした。とにかく、価格が魅力的だった、、それだけです。
いつものことながら退屈ではありますが、こんなもんです。

コメントを残す