毎日、毎分、毎秒株価を見ることの弊害

投資を初めてみると分かりますが、殆ど全ての人が毎日の株価を気にするものです。人によっては毎時間、毎分、頻繁にチェックするということもあるでしょう。デイトレーダーがこういったことをするのは当然ですが、中長期投資を謳っている人も同様のことをするケースが殆どです。
こういった傾向は、機関投資家、専業個人投資家に多くみられ、兼業の個人投資家でもよくみられます。
決算など何もその企業にとって新しいニュースが出ていないのに、株価を気にする。これは中長期投資を謳っている人にとってはおかしいことに思えます。仮に株価が数%上下したところで、なにかできるのでしょうか。ターゲット株価にかなり近づいている時には株価チェックも必要かもしれませんが、基本的には時間の無駄ですし、何より日々の株価の動きをみることは精神的にも無意味に疲弊します。
先日ノーベル経済学賞をとったリチャード・セイラー氏が衝撃を受けたといっている、ダニエル・カーネマンとエイモス・トヴェルスキーが提唱したプロスペクト理論でも述べられていますが、”人は利益を得たときの喜びよりも損をしたときの悲しみの方が感情としての影響としては大きい”ということは実感ベースでも分かるかと思います。
全体としては株価が取得時よりも上がっていたとしても、毎日チェックすることで、前日よりも上がった下がったと、無意味に一喜一憂してしまうという事実を認識する必要があるかと思います。実際、日々の株価推移をまとめて、毎日コメントすることは中長期投資家にとっては無意味だと考えております。それこそ、ファンダメンタル上はなにも変化はしていないのですから。
バリュー投資家全員が目指すと言っても過言ではないWarren BuffetのBerkshire Hathawayの株価推移を、最大の敬意も込めて例としてみてみます。.jpg
1985年に1,730ドルであった株価は32年後の2017年では281,950ドルです。これは約160倍であり、年率では17%程度という驚異的なリターンだということは分かるかと思います。こんなに素晴らしいリターンですが、例えば株価を毎日チェックしていたらどの程度上下していたのでしょうか。
簡単に見てみたところ、前日比で株価がマイナスであったのは3,807日、プラスであったのは3,801日、変化なしであったのが636日です。
このように株価は日々上下しながら動くものですし、その上下自体に意味がほぼないことも分かるのではないでしょうか。
{ちなみに最も値上がりしたのは2008/11/21の16%(これは金融危機後にかなりBerkshireの株価が下がっているときの中で)、最も値下がりしたのはブラックマンデーの1987/10/19の-19%です。}
人間の脳はあまり優れていないと個人的には思っており(少なくとも私は)、無意味なノイズからはできるだけ守ってやる必要があるかと思います。本当に必要なときのみ、株価のチェックをしたほうがいいのではないかというのが持論です。
株価の動きを追いすぎることで、自分の投資テーマに過剰に弱気になったり強気になってしまい、間違った判断をすることをできるだけ防ぐことが重要です。

株価というのは魔力があり、どうしてもチェックしたくなってしまいます。自分でルールを作って、1週間に一度、1ヶ月に一度確認するくらいが脳へのダメージも減らし、時間も有効に使えると思うのです。

一日に一回以上見る人も非常に多いかと思いますが、、これは言わずもがなですね。

 

飽くまで、中長期のバリュー投資家に向けた話です。

アクティビスト(物言う株主)の重要性

国内のアクティビスト(物言う株主)と言えば村上ファンドといったイメージがあるかと思います。村上ファンドは当時世論的には相当厳しい立場に追いやられてしまったと思います。更にインサイダー取引の疑惑で一気に日本におけるアクティビストの地位は悪くなったかと思います。まだ投資ファンドというものが根付いていなかった時期にスティール・パートナーズなども世間を騒がせた結果、かなりイメージは悪くなっているかと存じます。

しかし、改めてアクティビストの活動を見てみると、基本的にはかなり正しく、株主のためになることを提言していることが分かるかと存じます。以下はいくつかの例です。

パナホーム(オアシス): パナソニックによるパナホームの完全子会社化の取引が2016年末に発表されたが、パナホームの株主であるアクティビストのOasis ManagementがTOB価格が不当に安値だと主張しました。安値だと主張する理由として、パナホームが抱えるかなりの額の現金同等物、および関係会社預け金の存在です。親会社であるパナソニックに子会社の資金を預けている構図があり、パナホームが生んできた現金が成長投資やパナホームの株主還元に利用されず、親会社であるパナソニックにいいように財布として使われてしまっているというのが論点です。
パナホームは確かに長年割安銘柄として有名であり、その原因としてその豊富な現金が全く評価されていないという点が挙げられておりました。
結果的にパナソニックはTOBプレミアムを大幅に上げることになり、少数株主にもたらされるリターンはかなり上昇しました。

東芝プラント(オアシス): 経営危機に立たせられている東芝でしたが、子会社の東芝プラントシステムが850億円以上を預け金として東芝に貸し付けていたという状態を解消するようにアクティビストのOasis Managementが主張しました。不正会計で問題になっている、潰れそうな親会社に対して、自社の資金を銀行よりも有利な条件で貸し付けていることは正気の沙汰ではないですし、東芝プラントの少数株主(東芝以外の株主)からすると、そのような資金があるなら成長投資に回すか、株主還元してくれという話です。そもそもこのような預け金のせいで、株主からすると株主還元が期待できないということで長年割安になっているという背景もありました。
この主張も認められ、東芝プラントの預け金は解約を認められました。

フェイス/日本コロムビア(RMBキャピタル): フェイスおよび日本コロムビアの大株主であるRMBキャピタルは、フェイスによる日本コロムビアの完全子会社化に反対表明を出しました。ポイントとしては、フェイスが新株を発行しその株を株式交換という手法で日本コロムビアの株式の取得資金として使用とするという点です。完全子会社化という点については賛成してはいるものの、株主交換という手法がフェイス社、日本コロムビアの両株主にとって望ましくないということです。
まず、フェイス社が現在の株価で新株を発行すること自体がフェイス株主にとってマイナスになるということが挙げられます。RMBはフェイス社がかなり割安であるという意見を出しており、現在のPBR1.0を切る株価で新株発行をすることが既存株主にとってネガティブであるということ、現状買収に十分な現金を保有していることからわざわざ新株発行をする必要性はないということを中心に反対意見を出しております。また、日本コロムビアの株主にとっても流動性の低いフェイス株式をもらうよりも現金で支払ってもらったほうが全然得でしょうという点も挙げております。

帝国繊維(スパークス): 友好的な物言う株主(Friendly Activist)として有名なスパークスですが、初めて大量保有報告書で帝国繊維社に対しての要望を開示しました。
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-04-10/OO6HP16KLVR401
今までは企業と直接対話を通じてアクションを促していたスパークスですが、あまりにも会社側に問題意識を持ってもらえずに聞き流されていると判断し、初めて他の株主にも考えを共有することでどうにか帝国繊維の経営陣を動かそうとしております。帝国繊維は溜まりに溜まった現金を成長投資や株主還元に充てておらず、殆どを現金、有価証券として保有しており、また事業シナジーが見込めないヒューリック株を取得するなど、資本効率が悪くなっているというのが要点です。

以上はほんの一握りの例ですが、アクティビストの行動は既存株主にとって有益な決断を企業に促していると言えると思います。割安に放置されている株がアクティビストの積極的な活動により、他の株主にとってはかなりプラスに働くことは多いです。個人的にも自分が保有している企業をアクティビストに保有されるということ自体はかなりポジティブです。今までいつか解消されるだろうと考えていた歪みが一気に解消される可能性が高まるからですね。
このように口うるさく企業に対して、また市場にたいして主張を行うアクティビストは株主にとって(特にバリュー投資家にとって)、重要な役割を果たしていることは自明かと思います。

企業側からしたら当然株主からとやかく言われたくないでしょうが、そのためには正しい行動を常に行わなくてはいけません。事業に対してはかなりハイレベルで議論、実行がされている企業が多いと思う一方で(が、故に機関投資家がコメントできることはほぼないですし)、財務戦略といった点で疎かな企業はまだまだ多いです。上場という選択肢を取った以上、株主価値を高めることが究極的な目標となりますので、しっかりと実行をしていってほしいものです。

株は雰囲気でやるものなのか?

少し前にインベスターZのコラ画像で「俺たちは株を雰囲気でやっている」というものが流行っていましたが、案外こういった意見の人が多いが故に拡散されたのだと思います。特に株式投資を初めてみる人たちの多くはなにを基準に投資をしていいのか、どの会社の株を買っていいいのかを考えるのが非常に難しいと思いますので、ある意味株を雰囲気でやっている人は普通といえば普通と言えるでしょう。

そのような背景ですと、どうしても株投資はギャンブル、胡散臭いと言われてしまったりすることも、まあ分からなくはないです。

書店やネットで株式投資について調べると、どうしてもテクニカル分析系の話(短期で株で儲けよう系)が多いような気がします。短期間に大きな値上がりによって一気にお金を増やすというのは当然ながら誰にとっても魅力的ではありますが、そんなにおいしい話は現実的ではないので上記のような認識(ギャンブル、胡散臭い)がされてしまうのでしょう。またtwitterなどのSNSでは持ち株に対しての、煽りあい、美しくないポジショントークなどが散見され、あまり健全な状態ではないように見受けられます。(有名デイトレーダーが信者を煽ることで得をしているようなケースもあるような。。)知人と話していても、余り株式投資について深く考えたりする人は非常に少ない印象があります。(理数系の大学院生でも割りとノリでやっている人がいて少し驚きます)

このサイトではできるだけそういった”雰囲気で投資をする人”が減り、自分にあった投資戦略を描くことができる人が増えることで、株式投資がギャンブルと言われることがなくなっていけばいいなと考えております。

できるだけ分かり易い日本語で書くように頑張りますが、拙いところも多いかと思いますので、質問、ご意見等があればよろしくお願いいたします。