バリュー投資、ファイナンス関連書籍/資料

貯蓄から投資へ、、などと言われて久しいですが、「ちゃんと」と投資することは決して簡単なことではありません。
インデックスにとりあえず投資するなどでしたら分かりますが、個別株式、債券などに「雰囲気」ではなく、定量的/定性的に分析した上で投資することは、かなり好きでないと、かつ様々な理論を理解していないことには、中々困難なことかと思います。
日々、自分の実行してきた各投資アングルを疑っており、より理解を深めたいと思ってはいますが、、今回は、個人的に今までで影響を受けた書籍や資料を紹介したいと思います。新年ですしね。。
コーポレート・ファイナンスの基本です。学生時代に寄付講座かなにかで使用されており、当時ファイナンスに関しては無知でしたが、この書籍で相当金融に関する物事がはっきりと見えてきたことに感動しました。価値とは何なのかを深く理解することができると思います。
企業価値というものは中々理解されておりません。企業価値=株式価値+純有利子負債、という単純に説明しているケースが多いため、本当の理解が中々されていないように感じます。何が企業価値なのか、何が株式価値なのかを深く理解するのに非常に役立ちます。
上記の4冊で基本的な理論は理解できると思います。きっとそれまでファイナンスを学んでいない人にとっては、物の考え方が変わるほどの良書だと個人的には思います。
加えて、スプレッドシートを使用して簡単に企業価値の算定をできるようにしておくと、定量面でもしっかりと手を抜くことなく分析するようになるかと思います。保守的にキャッシュフローを見積もっても、割安であると数字でしっかりと説明できるようになることが重要だと思っております。
1, 2の書籍を読むと、じゃあ実際の企業価値評価はどうなってるのかと気になると思います。私は実際にはCapital IQなどを会社で利用していたため、四季報スクリーニングではなかったですが、うまく四季報スクリーニングの計算式をカスタマイズすれば、企業価値評価に重要ないくつかの指標をみることがかなり安くできます。確か3ヶ月8000円くらい。(デフォルトで入っている企業価値の計算方法は現金や少数株主持分が含まれていなかったり、結構雑です。また、自社株なども時価総額の計算に入ってくるので注意する必要があります)
うまく活用すると、信じられない企業価値がついている企業があることに気付くと思います。
言わずと知れた名著。70年ほど前に出版されたにも関わらず、未だに最高の一冊と言われている書籍です。Margin of Safetyというコンセプトを知るということはとても役に立ちます。また、3.でスクリーニングをしてみた結果を見ると、、ああ、こういうことか、、と感じると思います。
1-4までで正直十分だと思います。あとはひたすら開示資料を精査し、理論価格をスプレッドシートで保守的に見積もり、明らかに歪みがあるものに投資するというのが、今の投資スタイルです。
おまけ
以下は自分の考え方をすっきりさせるのに、役立つ要素があるかと思います。1-4よりも読みやすいので、分析に疲れた時などに、さくっと気分転換するのによいかもしれません。
 
1-4を読んだ後に、この本を読むと、結果的にバリュー投資に対しての選好がより強くなるのではないかと思います。こちらの書籍はなぜ投資家が運を実力と勘違いしてしまうのかをとても分かり易く書かれていますが、バリュー投資(より古典的な)については記載がないのです。何故なのかは著者ではないので分かりませんが、トレーダーがバックボーンである人の特徴かもしれません。
  
信じられないほど格好悪い題名ですが、紹介されている指標はとても良いです。キャッシュフローの強さと企業価値評価を強く意識した指標が紹介されており、まあ、1-4までのエッセンスの補助的な意味合いとしては良いです。
 
こちらもとても格好悪い題名ですが、元の題はThe Education of Value Investorなので、訳の問題ですね。
効率的市場仮説信者のエリートがどのようにして、自分の投資スタイルを確立していったかがとても読みやすく描かれております。
機関投資家が当然のように行う、経営陣とのミーティングなどを否定しているなど、独特な見方が多いです。
株価を頻繁に見ないというような考えももっており、個人的には言っていることにとても共感できます。
空売りについての教科書的な本です。少し古いですが、様々な実例が上げられており、かなり面白いです。
一方で、空売りすることの難しさにも気付くのではないかと思います。とはいえ、長く投資をしていれば、絶好の空売り機会にも遭遇することはあるでしょうから、しっかりと理解、意識しておくことは重要だと思います。今、気づいたんですがバカ高いですね。。
Distressedがメインです。これも、投資機会を広げておくのに読んでおいて損はしないと思います。純粋に面白いです。
8-9は基本的な分析内容は株式投資とエッセンスは同じである一方で、商品性を考慮して、より注意深く投資する必要があるかと思います。
以上、ちょっと長くなってしまいましたが、1-4を理解した後はひたすらスクリーニング→開示資料の確認→詳細分析をやっていくことが良いのではないかと思います。